読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セガグループ・インターンシップで学生とゲームを作った話

SEGA Unity インターンシップ GameJam AM2研 キャリア

みなさま、はじめまして。
セガ・インタラクティブ 第二研究開発本部 プログラマーの日髙(ひだか)と申します。

普段はアーケードゲームのクライアントサイドの実装やツール作成、
アセットパイプライン構築などを行っています。
今回のブログ執筆を担当することになりました。
どうぞよろしくお願いします!

年明け一発目ということで小難しい話は置いておき、
昨年秋に開催された「セガグループ・インターンシップ」の取り組みのうち、
ゲームジャム形式で行われた「ゲーム制作体験」についてご紹介します。
また、実際に私もサポートスタッフとして学生とゲーム制作を行ったので、
当日の役割とそこから得られたものについて共有したいと思います。

セガグループ・インターンシップとは

ゲーム業界を志望している、もしくは興味のある学生を対象に、
セガグループ各社が合同で開催するインターンシップになります。
今回は「ゲーム制作体験」と「職種体験」の2種類の取り組みが行われました。

「ゲーム制作体験」では学生とサポートスタッフが一緒のチームになり、
2日間でゲームを1本作るといった内容、
「職種体験」では現場で使用されているツールの説明と、
ツールを使用した作業工程を学生に体験してもらうといった内容になっています。

これらの取り組みを通じてゲーム業界での仕事や制作の工程を知ってもらうだけでなく、
実際に現場のクリエイターと一緒にセガのものづくりを体験することで、
ゲーム業界により一層興味を持ってもらうことを目的としています。

続いて「ゲーム制作体験」の内容についてもう少し掘り下げたいと思います。

ゲーム制作体験について

今回のゲーム制作体験では「ゲームジャム形式」を採用しており、
2日間で合わせて18時間という短い時間でゲーム制作を行いました。

各チームの構成メンバーは以下の通り。

職種 学生 サポートスタッフ
プランナー 2名 1名
デザイナー 2名 1名
プログラマー 2名 1名

1チームあたり9名ずつ、合計5チームが形成されました。
当日はこの他に運営スタッフとチーム外のサポートスタッフが数名参加しました。

今回はサポートスタッフのスキルや開発の手軽さなどを考慮して、
ゲームエンジンにUnityを採用しました。

開発環境については会社側で全て手配しており、
開発用WindowsマシンにUnityを含む各種ソフトがインストールされた状態で各自1台ずつ提供されました。
また、開発ターゲットとしてAndroid端末も各チームに2台ずつ配られました。

そして、「セガっぽい」をテーマに各チームがゲーム制作に取り組みました。

ゲーム制作体験の紹介は以上になります。

開催中の雰囲気などは先日公開された動画をご覧ください。

セガのモノ創りに触れてみよう!『ゲーム制作体験』紹介

サポートスタッフの役割

サポートスタッフはチーム内での実装作業はもちろんのこと、他にも様々な役割があります。
私が担当したチームを例にプログラマー視点での役割を具体的に紹介していきます。

チーム制作におけるUnity活用方法のレクチャー

Unityのチュートリアルをやったことがある、本を読みながら少し触った事がある、
といった初歩を脱して、実際にチーム制作でUnityを活用するための方法を説明しました。
以下にいくつか例を挙げます。

Unityの設定で変更した項目とその理由
Unityを用いて複数人で制作を行う場合、後述のバージョン管理ツールの使用に伴い、
metaファイルを表示したり、アセットをテキスト形式で保持したりする必要があります。
また、Android端末への出力のために、プラットフォームの切り替え、
ゲーム画面解像度の設定などを適切に行う必要があります。

制御のしやすさを意識したGameObjectの組み方
複数のGameObjectを一度に制御する場合に、それらをまとめる親GameObjectを作成して、
親GameObjectを操作することで各GameObjectの制御を簡単に行えるようになります。

もちろんスクリプトからすべてのGameObjectを個別に制御しても良いですが、
せっかくUnityを使用するのであれば、親子構造の特性を活用することで、
短い時間の中でも複雑な制御を手軽に行えるようになります。

アプリをビルドしてAndroid端末で実行する手順
Unity上であればアプリのビルドから実行までを1ボタンで行えますが、
ビルド済みのアプリを端末にインストールして実行する場合は別途手順が必要になります。

コンソールからadbコマンドでアプリをインストールするのですが、
毎回コンソールを開いてコマンドと引数を入力するのは手間なので、
バッチファイルを活用して単純作業を簡略化する方法を説明しました。

また、apkファイルをそのバッチファイルに関連付けすることで、
ビルド後のapkをダブルクリックするだけでインストールできるようになります。

バージョン管理ツールの説明と使い方のレクチャー

開発現場では当たり前のように使用されているバージョン管理ツールですが、
ゲーム制作自体やチーム制作の経験が無い学生にとっては馴染みがありません。

バージョン管理の仕組みやなぜそれらが必要になるのか、などを簡潔に説明したあとで、
実際に使うところを見せて、試してもらうといった対応を行いました。
2日目にもなると、競合した状態を学生たちだけでも解決できる程度に使いこなしていました。

作業分担するためのコーディング方法のレクチャー

個人制作とは異なり、チーム制作では複数人のプログラマーが作業分担してゲームを作り上げます。
その際にそれぞれが好き勝手に実装すると結合作業に時間がかかったり、
必要な機能が抜け落ちたりといった問題が起こりがちです。
そこでスムーズに結合するためにはどういう風に実装すれば良いか、
具体的な方法を提示して取り組んでもらいました。

今回制作したゲームではAndroid端末のセンサー情報を利用してキャラクターを操作する、
といった実装が必要だったため、学生2人と相談して、
「キャラクター制御」と「Android端末の入力取得」で作業分担を行いました。
その際にアドバイスした作業手順は以下の通りです。

キャラクター制御担当の作業

  1. キャラクター制御に必要な入力を管理するControllerクラスを作成する。
  2. Controllerクラスにキーボードなどのデバッグ入力を使用した仮実装を行う。
  3. Controllerクラスをコミットする。
  4. デバッグ入力を使用してキャラクター制御の実装を進める。

Android端末の入力取得担当の作業

  1. 前述のControllerクラスがコミットされるまでに、Android端末の入力取得を検証する。
  2. 仮実装でコミットされたControllerクラスを取得する。
  3. Android端末の入力取得処理をControllerクラスに反映する。
  4. Controllerクラスをコミットする。

事前にどのように作業分担するかを決めてから、
実装に取り掛かることでスムーズな結合を行うことができます。

チーム制作におけるプログラマーの立ち振舞いについてのアドバイス

チーム制作においてデザイナーやプランナーとのコミュニケーションは必要不可欠となります。
制作を円滑に進めるためにプログラマーとしてどういった立ち振舞いをすれば良いかをアドバイスしました。
アドバイスの内容を2つほど紹介します。

【1】仕様待ちをしない

自分の担当箇所について「仕様が決まらないから」という理由で待っていると、
いつまで経っても実装は進まず、本当にその実装で良いのかを判断する時間が減ってしまいます。
プランナーのやりたい事を汲み取り、こちらから案を提示したり、
実装したものを見せて判断してもらったり、といった動きができると良いです。

【2】作成するデータの形式を決める

ゲームに必要なデータを組み込んだり、読み込んで使用したりと、
最終的にデータを扱うのはプログラマーになることが多いです。
そのため扱い易さや特徴を考慮してプログラマーからデータの形式を指定する必要があります。
また、早めに形式が決まっていると作業の手戻りを防ぐことにも繋がります。

参加して得られたもの

サポートスタッフとして学生と一緒にゲーム制作を行うことで私自身多くのことを学びました。
経験に差がある相手に教える難しさや、学生本来の能力を発揮してもらうために導く難しさを痛感しました。
また、学生にアドバイスした内容について「自分はその通りにできているか?」と振り返る良い機会にもなりました。

これらは学生だけで取り組むグループワークを見ているだけでは得がたい、貴重な経験となりました。
今後の業務や新人・後輩の育成にも活かせるのではないかと思います。

まとめ

学生と共にゲーム制作を行うインターンシップは他の事例をあまり聞いたことが無く、
セガでも初の試みでしたが、参加した学生の満足度も高く、
スタッフ一同得るものがあり大変有意義でした。

このエントリーが学生とものづくりをされる方や、ものづくりについて教える方の参考になれば幸いです。

次回のセガグループ・インターンシップの開催については未定ですが、
私の所属するセガ・インタラクティブ 第二研究開発本部では、
このような取り組みにも積極的な方と一緒に働きたいと考えています。
もしご興味を持たれましたら、弊社グループ採用サイトをご確認ください。

採用情報 | セガグループ



それでは次回の投稿をお楽しみに。